×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  卵の違い

卵の違い

名古屋コーチン みやこ美人

名古屋コーチン みやこ美人

皆様ご存知の、日本が生んだ名鶏です。
鶏肉としては三大名鶏のひとつとして有名となっております。
卵はピンク玉で、根強い卵ファンが多いのもこの鶏の特徴です。
産卵率は悪いですが、気は優しく力持ちな鶏です。

【味わい】
黄身が濃く、後口はさっぱりとした卵です。
コーチンのさっぱりした味を好む方には一押し商品となります。
祓川エッグファームのみやこ美人は後口が特に良いと評判をいただいております。

烏骨鶏

烏骨鶏
 

足の爪が5本あり、羽毛が爪先まであるのが烏骨鶏の特徴です。
ルーツは諸説あります。
中国四千年の歴史説、東南アジア説、日本説、などです。
産卵が少なく古来より重宝されてきました。

【味わい】
卵は小粒ですが、広がる味わいはとても濃厚で美味しいと評判の卵です。

アローカナ

アローカナ

とんでご卵や、幸せのエメラルドエッグと呼ばれるアローカナは、南米のアンデス山中のアラウカに生息する世界で唯一、緑色の卵殻をもつ卵を産む鶏です。
インカの伝説においても賞賛され、今でも幸せを招く卵として珍重されております。
栄養価も高く、カロチノイドが多く含まれております。
ビタミン、ミネラルは全般的に有機の形で高水準に含まれており、ビタミンK2は、一般の卵に比べ約3倍量含まれております。
現在飼育されている鶏の中で、遺伝子操作の行なわれていない野生に最も近い鶏です。

【味わい】
栄養価の高さに比例するかのように、濃厚な卵の旨味が味わえる卵です。

横斑プリマスロック(岡崎おうはん)

プリマスロック(岡崎おうはん)

昔の名前はさざなみ、ごいし、ブルーモースなど、地鶏の定番として飼育されていた北米産鶏の日本版と言える鶏です。
鶏肉、卵の旨みはピカイチで、現在産卵鶏、地鶏などの多くの交配種にもなっている鶏です。
鶏の中では音への反応が早く、なつきやすいので手乗りにもなりやすいですが、脱走癖も強く、田んぼや雑草地をうろうろするのがこの鶏の特徴となります。

【味わい】
栄養価の高さに比例するかのように、濃厚な卵の旨味が味わえる卵です。